日進市 乳がん体験談 ホルモン治療中でもダイエットできました

日進市 乳がん体験談 ホルモン治療中でもダイエットできました

乳がんのホルモン治療でよく言われるのが、

「太りやすくなる」

という副作用です。

実際、わたしも2016年は過去最高体重まで増えました。

増えてしまったので、加圧トレーニングと水泳をやっていたのですが、
痩せるどころか、うっかりするとさらに増え。

体重は59キロ、体脂肪も29%まで行きました。

運動しても痩せないので、ついにタモキシフェンの副作用かと思ったのですが、
2017年1月より、すべてを見直してダイエットを仕切り直し。
これでダメならダメなんだろうと思いつつ、トライしてみました。

行ったのは、食事の見直しと運動の仕方。

タンパク質メインの食事に切り替え、ランニングなどの有酸素運動を少し増やしました。

2週間ほどは何も変化がなかったのですが、1か月を過ぎたあたりから、
するすると脂肪が落ちだし、2017年3月に手術を受ける前までに、
体重は-3キロ、体脂肪は-5%まで落ちていました。

術後も食生活は継続し、トレーニングや有酸素も続けてさらに体はスッキリし、
新しいホルモン治療でも「太りやすくなる」と言われていたけれど、現状維持できています。

※左から2017年1月⇒2017年2月⇒2017年11月

ダイエットに大切なのは、「太らない習慣を身につける」ことです。
太ってしまったということは、「太る生活」になってしまっているということ。
「太る生活」から「太らない生活」へチェンジする。
それはホルモン治療中であっても同じだと思います。

わたしの場合、考えてみれば、太った原因は食事の内容にありました。
食事のほとんどが炭水化物か、もしくは野菜で、タンパク質の摂取量は少なかった。
食べているものを栄養素で考えると、とても糖質過多の状態になっていたのです。

食べたいときに食べたいものを食べて、楽しむ。
そしてアフターケア。

この習慣を身につけてからは、現状維持ができるようになりました。


電話: 052-808-3678

line友達登録
※お友達登録募集中! 月に1~2回、LINE限定のお得な情報などを配信しています。

052-808-3678
月~金 AM10:00~PM9:00 土日 AM10:00~18:00 
不定休

◆◆土日も受付てます! お気軽にどうぞ!◆◆

※セッション中は電話に出られないことがあります。
こちらから折り返しますので、ご希望の方は
お名前・電話番号・都合のよい時間を
留守番メッセージにお残しください。

★★現在、混み合う日が多くなっております。
当日・前日のご予約でも、
キャンセル等の空きがあればご案内しておりますが、
ご希望に添えない場合もございます。
できるだけ早めの事前予約がおススメです。


コメントを残す

*

PAGE TOP

加圧トレーニング正規認定施設
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME