日進市 産後のぽっこりお腹ダイエット

日進市 産後のぽっこりお腹ダイエット

【産後のぽっこりお腹ダイエットは産後半年以内に行おう】
産後に気になることといえば、ぽっこりお腹ではないでしょうか。
出産してお腹から赤ちゃんが居なくなっても、なぜ引っ込まないの?とガッカリしてしまうことありますよね。

妊娠中に付いたお腹の脂肪は、流動性脂肪といいます。
お腹の中の赤ちゃんを守るために、とても大事な脂肪です。
流動性脂肪は女性ホルモンの影響を受けている脂肪なので、他の脂肪とは違い水分がタップリ含まれています。
そのため、落としやすい脂肪と言われています。
特に産後半年間は流動性脂肪が落としやすい時期ですので、この期間に落とすようにすることが理想となります。

でも、産後半年間は赤ちゃんのお世話にも忙しいので、自分のケアに目を向けられないママが大半ですよね。
誰でも簡単にできる産後のぽっこりお腹ダイエットで、お腹をキュッと引き締めましょう。

【産後のぽっこりお腹ダイエット方法】
誰でもできる産後のぽっこりお腹ダイエット方法を、4つご紹介いたします。

・骨盤矯正
産後は骨盤がゆがんでおり、血流が悪くなることで痩せにくい体質となっております。
また、骨盤が前傾になってしまうことでお腹をぽっこり状態にしてしまうことがあります。
骨盤矯正で、ゆがんだ骨盤を改善へとみちびきましょう。
骨盤ベルトや骨盤ガードルは、自分でも骨盤ケアが簡単にできるアイテムです。
また、整骨院や接骨院でも骨盤矯正は、プロの力を借りた骨盤矯正になるのでオススメです。

・腹式呼吸
腹式呼吸は、お腹をキュッと引き締める効果があります。
腹筋が鍛えられるので、基礎代謝が上がって脂肪燃焼しやすくなります。
また、リラックス効果もあるので、産後の忙しいママにリラックスを与えることができます。
腹式呼吸は、行うクセがないと難しいかもしれません。
日頃から腹式呼吸を意識すると、知らず知らずに行いやすくなりますよ。

・赤ちゃんをお世話しながらストレッチ
ストレッチはぽっこりお腹改善にはとても効果的ですが、赤ちゃんがいるとなかなかできませんよね。
そこで、赤ちゃんをお世話しながらストレッチをしてみましょう。
赤ちゃんを抱っこしながらスクワットしたり、バランスボールを使ったりなど、ながらストレッチはとても簡単で効果的です。
もちろん危険が伴うので、できる範囲で行うようにしましょう。

・バランスの良い食事を取る
産後のぽっこりお腹は、産後の食欲も原因になっていることがあります。
産後は子宮によって胃に圧迫が与えられるので、食欲が出やすくなってしまいます。
産後太ってしまうのは、この原理による太りです。
食欲のまま食べていると一気に太ってお腹が出てしまうので、食事の内容に注意しましょう。
栄養バランスが取れた食事とし、野菜やお魚中心の食生活にしましょう。

・腹筋は危険
ぽっこりお腹といえば腹筋と思う人もいますが、産後の腹筋は危険です。
その理由は、緩くなっている骨盤底筋にさらに大きな圧をかけてしまうことで、腹圧が上がって危険を伴ってしまうことがあるからです。
腰痛になったり尿漏れになったりと、良くないことが起きてしまうこともあります。
腹筋は手っ取り早いイメージがありますが、産後は大変危険です。

産後のぽっこりお腹ダイエットは、産後半年間の過ごし方によって大きく変わります。
育児や家事で忙しいですが、素敵なママで居続けるためには産後のぽっこりお腹ダイエットにも目を向けましょう。

 

日進市 産後のぽっこりお腹ダイエットなら、「ボディバランス大樹」にお任せください。


電話: 052-808-3678

line友達登録
※お友達登録募集中! 月に1~2回、LINE限定のお得な情報などを配信しています。

052-808-3678
月~金 AM10:00~PM9:00 土日 AM10:00~18:00 
不定休

◆◆土日も受付てます! お気軽にどうぞ!◆◆

※セッション中は電話に出られないことがあります。
こちらから折り返しますので、ご希望の方は
お名前・電話番号・都合のよい時間を
留守番メッセージにお残しください。

★★現在、混み合う日が多くなっております。
当日・前日のご予約でも、
キャンセル等の空きがあればご案内しておりますが、
ご希望に添えない場合もございます。
できるだけ早めの事前予約がおススメです。


コメントを残す

*

PAGE TOP

加圧トレーニング正規認定施設
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME