乳がん9年目~病歴プロフィール

乳がん9年目~病歴プロフィール

◆乳がんの経歴

36歳のとき、乳がんと診断されました。

ちょうど下の子の断乳を終えて5か月ほど経った頃だったと思います。
ふと断乳後の乳房の状態を確認してみようと思い、
仰向けで胸を触ったときに左胸の下側に、小さなしこりがあることに気づきました。

それまでも授乳中は、よく詰まりからしこりができていたのですが、
そうした乳腺の詰まりによるしこりとは、明らかに違う感触。

とてもいや感じがして、すぐに乳腺クリニックに電話をして診察に行きました。

クリニックでは、エコーによる診察で1センチほどのしこりがあることを確認。
「このまま様子を見てもいいけど、心配なら針生検をやっていきますか?」
と言われ、そのまま針生検をしてもらいました。

結果は、クロ。
悪性腫瘍でした。

クリニックでの告知から1か月半後、八事日赤で温存手術を受けました。
しかし、術後病理の結果、断端陽性であることがわかり、
さらに半年後に全摘~広背筋を用いた再建手術を受けました。

幸い、腋窩リンパ節への転移はなかったので、
その後の治療はホルモン療法オンリーとなりました。

リュープリン2年、タモキシフェン5年。

しかし、リュープリンの副作用がきつく、中断。
結局、タモキシフェンだけの治療を行うことになりました。

タモキシフェンの副作用に振り回され、治療開始から4年ほどはかなり苦しい思いをしました。

そして2017年1月。
年に一度のマンモグラフィー、血液検査、造営CT撮影の結果の日。

いつも通り、「問題なし」と言われるつもりの診察室で、
「局所再発の可能性があります」と告げられました。

あら?

8年前、全摘したのは乳腺のみで、形を少しでもよくするために、
当時の主治医は乳頭と脂肪を残したままの全摘をしていました。

その残した乳頭下への再発でした。
さらに今回は、左腋窩リンパ節への転移も発覚。

2017年3月に再建した左胸を再度全摘し、腋窩リンパ郭清も行いました。

術後病理の結果、初発とほぼ同じ顔つきのガンであることから、
がん細胞が乳頭下に残っていたのかもしれない、とのことでした。

これまでと同じホルモン療法がよく効くタイプでしたが、
タモキシフェン服用中の再発なので、薬を変えての仕切り直し。

リュープリン⇒閉経するまで
フェマーラ⇒10年間

主治医とよくよく話し合って、この治療のみで行くことを決定しました。

初発から8年目の局所再発で、再び10年の治療。
長いです。

長いからこそ、この病気と治療と、うまく共存していこうと思っています。


電話: 052-808-3678

line友達登録
※お友達登録募集中! 月に1~2回、LINE限定のお得な情報などを配信しています。

052-808-3678
月~金 AM10:00~PM9:00 土日 AM10:00~18:00 
不定休

◆◆土日も受付てます! お気軽にどうぞ!◆◆

※セッション中は電話に出られないことがあります。
こちらから折り返しますので、ご希望の方は
お名前・電話番号・都合のよい時間を
留守番メッセージにお残しください。

★★現在、混み合う日が多くなっております。
当日・前日のご予約でも、
キャンセル等の空きがあればご案内しておりますが、
ご希望に添えない場合もございます。
できるだけ早めの事前予約がおススメです。


コメントを残す

*

PAGE TOP

加圧トレーニング正規認定施設
会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME